株式会社ドーモコーポレーションロゴ スローライフな環境づくり企業 株式会社ドーモコーポレーション トップページ | サイトマップ | お問い合わせ

お問い合わせ 03-3237-6955
リゾート&スパ栄養補助食品健康アドバイスオーガニックキッチン企業とスローライフ

身体がよろこぶ取っておきレシピ

身体がよろこぶ取っておきレシピバックナンバー
お勧めレシピを見る

島田シェフ監修によるドーモコーポレーション
のお勧めレシピ集です。
※ドーモコーポレーションの商品「メティス」の
HPにリンクします。

テーマに沿った美味しく楽しいオーガニックレシピをご紹介いたします。
オーガニックレストラン「チャオベッラ」の島田シェフによる
オリジナルレシピをぜひご家庭でもお試し下さい! シェフのレシピ

 猛暑だった昨年は、熱中症になってしまった方も多かったのではないでしょうか!?しかし今年は既に1万人を超える人が症状を訴えているとか・・・

  そこで今回のレシピは・・・
   『熱中症対策レシピ♪』です。

常に水分補給を心がけ日々の食事からも水分やビタミン豊富な野菜などを摂取していきましょう♪


☆マグロと夏野菜の胡瓜のソース☆

材料



◇ 材料〈2人分〉 ◇


   (材料)                  (分量)
   
    マグロ <1p幅に切る>      100g
   パプリカ赤                1/4個
    <直火で焼き、皮をむいて1p幅に切る>

   ナス                   2本(160g)
    <直火で焼き、皮をむいて縦に4等分>

   トマト <5o角に切る>       4/1個
   スイカ <5o角に切る>       40g
   塩、黒胡椒               少々
   ヴァージンオリーブオイル      適量
   レモン汁                 少々
   ディル                  1枝
  
   <胡瓜ソース>(全ての材料をミキサーに入れピューレする)
   胡瓜                   1/2本(40g)
   大葉                   2枚
   ケッパー                10個
   オリーブオイル             大2
   水                    大1
   塩                    少々

パプリカは赤の他に黄色のものを調理しても良いでしょう。

夏野菜を使用し、塩分や糖分、ビタミンCなど水分豊富で食欲増進に繋がる食材を多く使用しています。

☆胡瓜のソースを使用することで体温を下げる効果が期待できます♪

☆今回はスイカとの相性も良い『フルーツトマト』を使用していますが、普通のトマトでも美味しく調理できます。


作り方


1.マグロをお皿に置き、塩、黒胡椒をふる。

2.@にスイカとトマトをのせ、塩をふる。

3.パプリカ、ナスをのせ、塩、ヴァージンオリーブオイルとレモン汁をかけ、ディルをのせる。

4.周りに胡瓜のソースを置く。



☆トマトやスイカを使い、、細かく切ることで食感や見た目にも夏らしくて、美味しい一品です♪

☆最初に材料をきちんと切りそろえることで、盛り付け時にはケーキの様な見た目に☆彡
夏バテを起こしやすい、こんな時期でも食欲がわいてきますね♪




ポイント

●水分、ビタミンが豊富で身体を冷やす効果がある野菜を豊富に摂ること。夏野菜は低カロリーで身体を冷やす作用があります。


胡瓜:96%が水分で占められており、ビタミンCも含まれている。また、渇きを潤し、利尿効果も高い。

ナス:胡瓜同様に9割以上が水分でビタミンCに加え糖質も含まれており、利尿効果も高い。

トマト:ビタミンC、カロテン、抗酸化作用の強いリコピンなどが豊富。

パプリカ:ビタミンC、カロテン、食欲を増進し血行をよくする辛味成分のカプサイシン等が含まれています。


ポイント

●熱中症とは

発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な身体の不調を総称した症状です。
「体温調節機能」がうまく働かなくなると、発汗による蒸発や皮膚からの放熱出を通じた「体温のコントロール」が崩れ、本来なら熱い時も寒い時も一定に保たれるはずの体温が上昇し、体内に熱がこもってしまいます。
それらによって、めまい、けいれん、吐き気、意識障害、頭痛など、さまざまな「熱中症」の症状が引き起こされることになります。


●熱中症対策

 熱中症の予防対策としては、まずは「体調の管理」そして「体温調節機能を助けるための環境(場所・服装)を整え、水分補給を行なう」ことが基本となります。

 人間は普通の生活をしていながらでも一日に2リットル以上の水分を失っているそうです。そのため、普段から「こまめな水分摂取」「塩分の補給が必要」という事の二点を覚えておきましょう。

 また、冷えすぎた水をいつも一度に大量に飲んでいると、胃にも 負担がかかります。
ほどほどの冷たさの水を回数を小分けにして飲むようにしましょう。



シェフプロフィール

シェフ写真 島田伸幸
オーガニックレストラン「cuisine nature CiaoBella チャオベッラ」
オーナーシェフ。
EUOFA(ヨーロッパオーガニック協会)会員、栄養士。
有機・無農薬野菜や水、ハーブ、調味料などの基本食材にも こだわり、身体に優しい料理を提供し続けると共に「香と健康」をテーマにした「アロマ&イタリア料理教室」や、「アンチエイジング」「スローフード」「マクロビオティック」などをテーマにした食セミナーなど様々な料理教室も手がける。

チャオベッラHP http://www.ciaobella.jp/